• 10月 19

    即日融資可能なカードローンを提供する金融機関は沢山ありますが、大きく消費者金融と銀行に分けることが出来ると思います。消費者金融は金利がやや高めの設定ながら審査は緩やか、銀行は金利が低めだけれど審査は厳しい、というイメージをもたれている方も多いと思います。確かに、その傾向は否めない事実のようですが、とはいえ一言に消費者金融・銀行といってもそれぞれ金融機関ごとに審査基準は異なりますし、口コミなどを見てみると銀行が発行するカードローンの中にも即日キャッシング審査基準が緩やかと評判のカードローンもあります。
    それに、銀行が発行するカードローンの基準は消費者金融が発行するカードローンよりも審査が厳しい傾向にあるとはいえ、過去に金融トラブルを起こしていない、多重債務者でない、安定した収入があるなど一定の基準を満たしていれば、それほどハードルは高くないようです。ですから、カードローンを初めて作る、という方で定職についていれば問題なく審査を通過できる、といわれています。
    しかし、逆にいくら消費者金融の審査が緩やかな傾向にあるとはいえ、金融事故を起こしている方や多重債務者などであれば審査を通過するのは難しいといえるでしょう。
    ちなみに、審査基準はどの金融機関も明確にしていませんが、カードローン利用者の口コミやカードローンを申込んだことのある方の体験談などを見てみるとどのような審査基準なのかを推測することは出来ると思うので、「審査が気になる」という方は参考にしてみると良いでしょう。

  • 10月 11

    借金をまとめるためには現在のキャッシング金利比較よりも低金利であることが必須です。
    単純に借金を一つにすることが目的なのではなく、金利を低くして利息を抑え返済の負担を軽減させることも大きな目的になります。
    そうなると消費者金融のおまとめローンを利用するよりも低金利の銀行カードローンでおまとめをした方が堅実ではあります。
    銀行カードローン審査は非常に厳しくなっています。
    借り入れ件数が多い場合、審査に通ることは難しいと判断してよいでしょう。
    それだけにおまとめとして利用できるのは少ないとされています。
    心配な気持ちはよくわかりますし、低金利で組みなおしたいという気持ちもよくわかります。
    電話で相談するということもできますが、結果としてはそれが申し込みとして扱われることもあります。
    銀行は総量規制の対象ではありませんのでおまとめローンの取り扱いが少ないのは現状です。
    フリーキャッシングの中で資金使途は自由となっており、それはおまとめに使っても問題なしとなっています。
    東京スター銀行ではのりかえローンがあり超低金利の一桁に借り換えることができます。
    とはいっても、のりかえでありおまとめではありませんので可能性としては高いものではありません。
    ここで使われるのが消費者金融のおまとめローンです。
    消費者金融のおまとめローンを使い、借金を一本にしてから銀行に改めて申し込みをするという方法が今はおまとめのための主流となっています。

  • 9月 25

    消費者金融を利用することに対して以前は抵抗意識を持ってた女性や若者層の中からも、消費者金融の利用者が増加しているようです。しかしその反面、消費者金融を利用することにはどんな危険が伴うかをしっかりと理解していなかったためにトラブルに巻き込まれた、というケースも少なくありません。
    基本的に、借りたお金をきちんと返済すれば問題にはなりません。しかし、消費者金融 口コミの利用者はお金にあまりゆとりがない場合が少なくありません。そのため、予定外の支出が重なり返済日までにお金が用意できなかったということがあります。また、忙しくてうっかり入金を忘れていた、ということもあります。
    契約の際に約束した返済期日に支払えなかった場合、返済が遅れた日にち分の遅延損害金を支払わなければならなくなります。もともと支払う予定の金額にはもちろん利息がついていますが、それに遅延損害金が上乗せされるので、返済が遅れれば遅れるほど自分が損することになります。
    さらに滞納を続けると、お金だけの問題ではなくなります。信用にも傷がついてしまいます。消費者金融は信用情報機関から個人信用の情報提供と収集を行っていますが、もし返済の滞納が続けば情報機関に事故情報として記載されてしまいます。つまり、将来的に住宅ローンや車のローンを組もうと思っても、信用情報に傷がついてきたら借り入れが難しくなるということです。
    こうした危険を十分に理解した上で、借りすぎに注意して、自分の収入の範囲で計画的に利用することが大切です。

  • 9月 25

    消費者金融を利用することに対して以前は抵抗意識を持ってた女性や若者層の中からも、消費者金融の利用者が増加しているようです。しかしその反面、消費者金融を利用することにはどんな危険が伴うかをしっかりと理解していなかったためにトラブルに巻き込まれた、というケースも少なくありません。
    基本的に、借りたお金をきちんと返済すれば問題にはなりません。しかし、消費者金融 口コミの利用者はお金にあまりゆとりがない場合が少なくありません。そのため、予定外の支出が重なり返済日までにお金が用意できなかったということがあります。また、忙しくてうっかり入金を忘れていた、ということもあります。
    契約の際に約束した返済期日に支払えなかった場合、返済が遅れた日にち分の遅延損害金を支払わなければならなくなります。もともと支払う予定の金額にはもちろん利息がついていますが、それに遅延損害金が上乗せされるので、返済が遅れれば遅れるほど自分が損することになります。
    さらに滞納を続けると、お金だけの問題ではなくなります。信用にも傷がついてしまいます。消費者金融は信用情報機関から個人信用の情報提供と収集を行っていますが、もし返済の滞納が続けば情報機関に事故情報として記載されてしまいます。つまり、将来的に住宅ローンや車のローンを組もうと思っても、信用情報に傷がついてきたら借り入れが難しくなるということです。
    こうした危険を十分に理解した上で、借りすぎに注意して、自分の収入の範囲で計画的に利用することが大切です。

  • 8月 27

    毎日の生活は不安定ではないのにどうしても給料日前となるとお金が足りなくなってしまう、そんな生活に疲れてしまったのではないでしょうか。
    持っているお金をすぐに使ってしまうことによって給料日前に不足するという事態です。
    毎月繰り返していることではありますがそれでも今月もお金借りることを繰り返してしまったと後悔しているのではないでしょうか。
    こんな生活を見直していきましょう。
    何が問題になるのか、それを考えていかなくてはなりません。
    借り入れがあることによって生活が不安定になっているのであればそれは見直す必要があります。
    どのくらいの借入残高があるのかも把握できていない可能性があります。
    とこからどのくらいの借り入れがあり、その金利はいくらなのかもわからないのでは今月はもとより来月もまた同じような生活を繰り返すことになります。
    考え方から改めていきましょう。
    今もらっている給料で生活をし余ったものを必要な支出にあてがっているのではないでしょうか。
    給料をもらったときから変えていきましょう。
    給料を受け取ったら先に必要な支出を先に解決しておきましょう。
    できればその中から追加返済や貯蓄に回す金額を用意することを心がけていきます。
    余った金額は多くはないでしょう。
    しかし本来はその金額が生活費に充てることができる額になっているのです。
    普段、いかに余計な出費をしていたのかが分かるでしょう。
    借金にまみれた生活はもうやめましょう。

    Tagged as:
  • 7月 11

    やはり低金利でお金を借りるなら銀行は外すことができない選択肢です。
    借り換え対象の幅が広く用意されているのは東京スター銀行のおまとめローンになります。
    消費者金融のおまとめローンでは貸金業からの借り入れに限られているものですが、東京スター銀行のおまとめローンでは借り換え対象が幅広くなっています。
    ・複数の消費者ローン
    ・カードローン
    ・自動車ローン
    ・クレジットカードのキャッシングとショッピングなどのフリーローン
    銀行のカードローンも対象になっています。
    今の銀行は低金利とは限らない時代です。
    消費者金融と同等の金利が用意されていることも珍しいものではなくなりました。
    金利は保証料年率1.2%を含む5.8%〜14.8%となっていますが、実は預金連動対応というものが東京スター銀行にはあります。
    これは東京スター銀行の預金口座にある残高と同等のローン残高には金利がかからないつまり無金利となるというサービスです。
    スターワン円普通預金かスターワン外貨普通預金に相殺計算対象と明記されている預金がありますのでそれが対象となります。
    最近になって人気が高くなってきた東京スター銀行ですが、それによって東京スター銀行の口座をお持ちの方も多くなっています。
    おまとめに利用ができるとは知らなかった、そんな声もよく聞かれるものですが実は便利な銀行です。
    金利が低いことで毎月の返済額を抑えることも、元金充当額を高くすることもできます。